「外国人技能実習生受入事業」と「共同購買事業」を軸に、組合企業の競争力アップに貢献しております。

 日本では景気回復の兆しが見えるとはいえ、依然厳しい経済状況の中、団塊世代の大量退職、少子高齢化問題など、企業にとっては深刻な問題となっております。 また、今後も更に価格競争も激化していくことが予想され、海外進出をも視野に入れた経営戦略が必要と言えます。 外国人技能実習生を受入れることにより、"経営の効率化"、"職場の活性化"、"人材の安定化"を計ることができるだけではなく、 近年多くの企業に求められているCSR(企業の社会的責任)の観点からも、国際貢献活動として企業イメージを高めることが可能です。 当組合では、「外国人技能実習生共同受入事業」と「共同購買事業」を軸に、組合企業の競争カアップに貢献しております。

フレンドシップ協同組合
代表理事 溝渕和典

外国人技能実習生共同受入事業 外国人技能実習生の受け入れによる、作業効率の向上・職場の活性化・国際化を、私たちがお手伝いさせていただきます。




フレンドシップ協同組合

〒460-0011
 名古屋市中区大須四丁目1番40号アルティメイト矢場町8F
 TEL:052-262-3500 
 FAX:052-262-3501 
 Mail:info@friendship.or.jp
 >> 詳しくはこちらから

 

お問合せはこちらから